いつから手入れするのか
靴の手入れに関してですが、
いつから手入れするのが正しいのか。
ちょっとはいたあとなのか?
それとも履く前なのか?
正解は履く前なんです。
靴をおろしたときにすでにケアを行っておけば
さらに長持ちします。
特に革製品はそうですね。
革に靴への栄養やコーティングを行っておくことで
誇りや汚れも最初からつきにくくなりますので
最初から手入れしておくことをおすすめします。
実は最初ってなかなか手入れしませんよね。
はいてからちょっと汚れたなとおもったら手入れする感じだと思いますが、
目からうろこのシューズケア方法です!
更に最初から撥水加工のスプレーをふっておくことで
汚れをはじきますし急な雨にも対応できますのでおすすめです。

靴の手入れに関してですが、いつから手入れするのが正しいのか。
ちょっとはいたあとなのか?それとも履く前なのか?
正解は履く前なんです。靴をおろしたときにすでにケアを行っておけばさらに長持ちします。特に革製品はそうですね。
革に靴への栄養やコーティングを行っておくことで誇りや汚れも最初からつきにくくなりますので最初から手入れしておくことをおすすめします。
実は最初ってなかなか手入れしませんよね。はいてからちょっと汚れたなとおもったら手入れする感じだと思いますが、目からうろこのシューズケア方法です!
更に最初から撥水加工のスプレーをふっておくことで汚れをはじきますし急な雨にも対応できますのでおすすめです。

シミやカビがはえたら
靴をしまう場所って日陰になっていますので、すぐに湿気などがたまってしまって
いくら気をつけていてもカビなどが映えてしまう場合が有りますよね。
また、知らない間に濡れていてシミになってしまったり。
そこでカビやシミになってしまった場合はカビ防止のクリーナーがありますので
それでケアすることをおすすめします。
シミに関しては一度ついてしまうと革製品は取れないと思ったほうがいいですね。
一度私もシミがついてしまって、専門の靴業者にだしたことがありますが
更にシミがついて返ってきたことがあります。
どんな方法でもシミは革についたものはとれません。
まずはシミがつかないように細心の注意と最初のケアを怠らないようにしましょう。
シミに関しては取る方法がないのと、完全にとれませんが薄くできるものと2つあります。
薄くできるものに関しては専門の業者にだしたほうがいいですが
完全に安心しきっていると靴がえらいことになって履けない状態になることもありますので
専門業者に出す場合もよく話してからのほうが懸命です!

靴をしまう場所って日陰になっていますので、すぐに湿気などがたまってしまっていくら気をつけていてもカビなどが映えてしまう場合が有りますよね。
また、知らない間に濡れていてシミになってしまったり。そこでカビやシミになってしまった場合はカビ防止のクリーナーがありますのでそれでケアすることをおすすめします。
シミに関しては一度ついてしまうと革製品は取れないと思ったほうがいいですね。一度私もシミがついてしまって、専門の靴業者にだしたことがありますが更にシミがついて返ってきたことがあります。
どんな方法でもシミは革についたものはとれません。まずはシミがつかないように細心の注意と最初のケアを怠らないようにしましょう。
シミに関しては取る方法がないのと、完全にとれませんが薄くできるものと2つあります。薄くできるものに関しては専門の業者にだしたほうがいいですが完全に安心しきっていると靴がえらいことになって履けない状態になることもありますので専門業者に出す場合もよく話してからのほうが懸命です!

靴が濡れた時
靴の手入れをいくらやっていても
急な雨や汚れてしまうことなどは有りますよね。
特にいやなのが水による汚れです。
オールデンのコードバンなどは、
水は天敵です!
これは重要な問題!
特に革製品を履いているときは水は大敵なんです。
そこでおすすめしたいケア方法は
まずは型崩れを防ぎましょう。
また、靴の中に湿気がたまってしまいますので
白い布や新聞紙などを詰めて風通しのいい場所で乾燥させます。
この乾燥ですが日干しはNGです。
革がいたんでしまいますので、必ず日陰で干しましょう。
また、水分が飛んだあとには革も皮膚と同じなので乾燥してしまいますので
乾燥を防ぐためにもシュークリームをぬってコーディングしてあげることが大事です。
革が乾燥しきってしまうと革にヒビが入ってしまいますので、
そこからシワなどの原因になりかねません。
ヒビが入ってしまうと元に戻りませんので注意しましょう!

靴の手入れをいくらやっていても急な雨や汚れてしまうことなどは有りますよね。
特にいやなのが水による汚れです。これは重要な問題!特に革製品を履いているときは水は大敵なんです。
そこでおすすめしたいケア方法はまずは型崩れを防ぎましょう。また、靴の中に湿気がたまってしまいますので白い布や新聞紙などを詰めて風通しのいい場所で乾燥させます。
この乾燥ですが日干しはNGです。革がいたんでしまいますので、必ず日陰で干しましょう。また、水分が飛んだあとには革も皮膚と同じなので乾燥してしまいますので乾燥を防ぐためにもシュークリームをぬってコーディングしてあげることが大事です。
革が乾燥しきってしまうと革にヒビが入ってしまいますので、そこからシワなどの原因になりかねません。
ヒビが入ってしまうと元に戻りませんので注意しましょう!

靴の使用頻度
まず、靴の履き方に関してですがみなさんはどんな履き方をしていますか?
靴は理想的な履き方としては、1足をずっと毎日履きつぶすのではなくて
2足か3足用意してそれを毎日交互に履いていくほうが1つの靴は長持ちするんです。
多分ご存知の方も多いかもしれませんが、
意外とできていないのがこの靴の手入れ方法ですね。
こうするだけでも、靴は今よりも断然長持ちしますので
好きな靴を失った喪失感はちょっと伸ばされますね。
好きな靴ほど毎日履いてしまいがちですが
その好きな靴を長持ちさせるためにも
好きな靴を2〜3足持ちあわせておきましょう。
毎日履き続ければだいたい半年持つか持たないかで履きつぶしてしまいますが、
もし、2から3足で回していれば2年から3年はその靴は持ちますよ。
またシーズンが終わればちゃんと手入れをして
しまっておけば3シーズンぐらいは履けますので
お気に入りの靴をずっときれいなままで使えますので覚えておきましょう!

まず、靴の履き方に関してですがみなさんはどんな履き方をしていますか?靴は理想的な履き方としては、1足をずっと毎日履きつぶすのではなくて2足か3足用意してそれを毎日交互に履いていくほうが1つの靴は長持ちするんです。
多分ご存知の方も多いかもしれませんが、意外とできていないのがこの靴の手入れ方法ですね。
こうするだけでも、靴は今よりも断然長持ちしますので好きな靴を失った喪失感はちょっと伸ばされますね。
好きな靴ほど毎日履いてしまいがちですがその好きな靴を長持ちさせるためにも好きな靴を2〜3足持ちあわせておきましょう。
毎日履き続ければだいたい半年持つか持たないかで履きつぶしてしまいますが、もし、2から3足で回していれば2年から3年はその靴は持ちますよ。
またシーズンが終わればちゃんと手入れをしてしまっておけば3シーズンぐらいは履けますのでお気に入りの靴をずっときれいなままで使えますので覚えておきましょう!

婦人靴の簡単手入れ
靴を2から3足持ちあわせて交互に履いていくのとはまた別に
こういった簡単な基本的な靴の手入れをすることで
更に靴は長持ちします。
その靴の長持ちする手入れ方法をご紹介します。
まずはブラッシングでほこりをきれいにはらいます。
その後には汚れを落とすためにも専用の汚れ落としクリームで
丁寧に布で拭き取っていきます。
次に少量のシュークリームを布につけて靴に塗りこんでいきます。
力は入れずに小さな円を描くようにしてくるくる塗りこみます。
また、全体にシュークリームが馴染んだら何もついていない布で
そのクリームを拭き取っていきます。
その場合には軽く力を入れましょう。
シュークリームが残らないように
まんべんなく全体をふいていきます。
ふいていくことで革につやもでてきます。
最後のし上げには撥水加工のスプレーをふって水弾きを良くしておけば完璧です!
型崩れがきになる場合にはシューツリーで型くずれを防止して
下駄箱へ〜!

靴を2から3足持ちあわせて交互に履いていくのとはまた別にこういった簡単な基本的な靴の手入れをすることで更に靴は長持ちします。
その靴の長持ちする手入れ方法をご紹介します。
まずはブラッシングでほこりをきれいにはらいます。その後には汚れを落とすためにも専用の汚れ落としクリームで丁寧に布で拭き取っていきます。次に少量のシュークリームを布につけて靴に塗りこんでいきます。力は入れずに小さな円を描くようにしてくるくる塗りこみます。また、全体にシュークリームが馴染んだら何もついていない布でそのクリームを拭き取っていきます。
その場合には軽く力を入れましょう。シュークリームが残らないようにまんべんなく全体をふいていきます。
ふいていくことで革につやもでてきます。最後のし上げには撥水加工のスプレーをふって水弾きを良くしておけば完璧です!
型崩れがきになる場合にはシューツリーで型くずれを防止して下駄箱へ〜!